移動カフェ開業支援
●移動カフェ体験
プログラム
●自力で開業
開業ノウハウ提供
プログラム
●販売車作ります
おまかせプログラム
移動カフェ支援
●タンピング

●支援プログラム
お問い合わせ




検索で来られた方、
TOPページはこちらです

TOP


タンピング


商品の品質を安定させるため、一定の力でのタンピングが必要です。

実際に経験しますと、1日に何百杯も販売した後では、そのタンピング圧がかなりばらつきます。

この問題を低減するために「タンピングテスター」を開発しました。

●開発目的
 多数のエスプレッソを提供する場合、肉体的疲労によりタンピング圧不足によるミスショットが発生しやすくなります。
 ただ感覚的には充分なタンピング圧を与えているという勘違いから、間違った対応に陥り、時間を浪費することがあります。
 このような無駄を排除するサポート機器として開発致しました

●特徴
 ○電源等を使用しないシンプルな構造による高耐久性
 ○タンピング圧設定値は調整可能(10〜25キロ)
 ○直径6cmX高さ5cm、重量約350グラムの省スペースサイズ
 ○お客様の前でも使用できる外観(高硬度アルミニウム削りだし)
 ○手応えでタンピング圧を確認できるため、体重計等の測定器を用いた場合のような、目線の固定は不用
 ○内部の摩耗部品(メタル)は、食品衛生法適用品を使用

●効果
 ○タンピング圧のばらつきによるミスショットの低減
 ○疲労によるタンピング圧減少時に、メッシュ等を調整してしまう等のミスを防止
 ○新人バリスタの教育

タンピングテスター1 タンピングテスター2 タンピングテスター3 タンピングテスター4 タンピングテスター5

底付きした時点でタンピング完了です(底付き感で確認します)
底付き直前に、本体横の空気穴より空気が抜け、手応えが少し軽くなり確認しやすくなっております
(設定可能圧力は約10〜25キロ:ストロークは5oもしくは7o:調整可能)

抽出口に触れないようにホルダーの柄部分を載せて使用する設計です。
(抽出口を載せて使用する場合は、直径サイズを大きくした特注品で対応可能です)
(またホルダーの柄が丸棒タイプの場合、サポート部品等製作可能です)

2006/1/25

価格は お問い合わせ 下さい
Tamp pressure measurement machine

●The development purpose
When offering much Espresso, it becomes easy to generate the misshot by the shortage of Tamp pressure by corporal fatigue.
From the misapprehension of having merely given sufficient Tamp pressure sensuously, it may lapse into the wrong correspondence and time may be wasted.
I developed as support apparatus which eliminates such futility.

●Feature
 High durability by the simple structure which does not use a power supply etc.
 A Tamp pressure setting value can be adjusted (10-25kg).
 A diameter 6cm, height of 5cm, weight of about 350g
 Appearance which can be used also in front of a visitor (high hardness aluminum)
 Since Tamp pressure can be checked in a response, a thing like [ at the time of using measuring instruments, such as the scale, ] to see is unnecessary.

●Effect
 Reduction of the misshot by the variation in Tamp pressure
 Prevent the mistake of adjusting a mesh etc. at the time of the Tamp pressure reduction by fatigue.
 Newcomer's Barista education


It is Tamp completion when it carries out with a bottom (it checks with a feeling with a bottom).
Air escapes from the air hole beside a main part, it becomes somewhat light, and it is easy to check a response and it has become just before [ with a bottom ].
(To about 10-25km, the pressure which can be set up is the adjustment possibility of and a subduction stroke is 5 or 7mm)

It is the design which carries and uses the handle portion of Portafilter so that Portafilter Spout cannot be touched.
(When using it, carrying Portafilter Spout, it can respond with the custom-made item which enlarged diameter size)
(When the section of the handle of a holder is a round type, support parts etc. can be manufactured again)

January 25, 2006

Price: Undecidedness



Copyright 2005 sanmarino cafe All rights reserved